ニット生地ハギレ 80cm x 50cm 大勧め Jean blue Maggie Royal blue,ハンドメイド素材 , はぎれ,50cm,offshore-recordings.com,Maggie,/cribo697779.html,450円,80cm,Jean/Royal,[ニット生地ハギレ],x 450円 [ニット生地ハギレ] 80cm x 50cm Maggie Jean/Royal blue ハンドメイド素材 はぎれ ニット生地ハギレ 80cm x 50cm 大勧め Jean blue Maggie Royal 450円 [ニット生地ハギレ] 80cm x 50cm Maggie Jean/Royal blue ハンドメイド素材 はぎれ blue,ハンドメイド素材 , はぎれ,50cm,offshore-recordings.com,Maggie,/cribo697779.html,450円,80cm,Jean/Royal,[ニット生地ハギレ],x

ニット生地ハギレ 80cm 【正規品】 x 50cm 大勧め Jean blue Maggie Royal

[ニット生地ハギレ] 80cm x 50cm Maggie Jean/Royal blue

450円

[ニット生地ハギレ] 80cm x 50cm Maggie Jean/Royal blue

素材: コットン 95%+Lycra Spandex (合成繊維) 5% ※伸縮性の高いニットタイプの生地です。 生地幅: 80cm 仕入れ先: アメリカ ※生地幅は最大160cm少々あります。  偶数個数お買い上げの場合は、  カットなしの最大生地幅のままでご用意させて頂きます。




[ニット生地ハギレ] 80cm x 50cm Maggie Jean/Royal blue

ロシアの軍事侵攻に思うこと

ロシアがウクライナに軍事侵攻を開始して10日で2週間となっています。
何ともいたたまれない状態になっていますが、こんな状態になって思い出すのはロシアとシリアの内戦です。

2011年に端を発し、現時点(2022年1月)で約11年にも及ぶ内戦が起こっているシリアでは多くの難民が生まれ、今も支援を必要としている人で溢れています。
シリア内戦のきっかけはアラブの春と言われていますが、アラブの春の火種となったのがジャスミン革命という民主化運動だそうです。
これは2010年12月にチュニジアで起こっており、その波が中東諸国へ波及しました。
この民主化運動はやがて近隣アラブ諸国へ広がっていき、2011年にアラブの春へと発展しました。
エジプトでは30年続いたムバーラク政権、リビアでは42年続いたカダフィ政権が崩壊したのは日本でもトップニュースだったので、皆さんの記憶にも残っていると思います。
他にもサウジアラビアやモロッコ、イラク、アルジェリアでも同様の民主化運動が活発化し、この動きはシリアへも広がっていきます。
シリアではアサド大統領による独裁政権が40年にも渡って続いていたため、国民は長年社会経済への不満を抱いていました。
そして2011年、アラブの春を皮切りにシリアでも抗議運動が始まりました。
この中心となったのが政権から虐げられていたスンニ派の人々です。
スンニ派を中心とした抗議運動はシリア全土に広がり、シーア派を主とするアサド政権政府軍とスンニ派を主とする反政府軍との間で内戦へと発展したのです。
当初は紛争ではなく、民主化を求めるだけのデモ運動に過ぎませんでした。
デモ運動が激化したのは、反政府軍が近隣国から様々な支援を受けることで武装蜂起をし、自由シリア軍を結成したことが要因とされています。
さらに自由シリア軍が政府軍を圧倒したことで、シリアでの民主化の契機が高まることとなりました。

プーチンが2015年にシリア戦争への参加を決めたのは、旧ソ連が崩壊して以来、旧ソ連国外では初めての軍事行動でした。
それはアサド大統領の政府を救い、戦争の流れを彼に有利にし、シリアの指導者が、シリアの大部分を残忍に支配し直すことを可能にしました。
ロシアの空爆は、しばしば病院や学校、市場などを無差別に襲いました。
プーチンはまた、シリアにおいて巧みな外交手腕を発揮しています。
西側諸国と協定を結び、介入を暗黙のうちに受け入れざるを得ないようにしています。
シリア反体制派を支援するNATO加盟国のトルコと合同パトロールを行い、一部の地域で停戦を実施しました。
イスラエルとは、シリア国内のイラン関連の標的に対して、イスラエルが空爆を行うことを認める協定を結んでいます。
また、シリア上空を飛行する米軍機とロシア軍機の衝突を防ぐため、アメリカとの間にいわゆるデコンフリクション・ラインを設定しました。
同時に、アサド大統領による化学兵器や樽爆弾の民間人への使用を捏造と断じ、国際社会で彼を擁護しようとしました。
シリア国内では、ロシアはソフト・パワー戦略を展開しました。
地域によっては、ロシア文化を広めるためのフェスティバルが開かれ、シリアのテレビではロシアの国歌が流れ、自分たちに都合の良いプロパガンダが乱造され、民間人に温かい食事が振る舞われたそうです。

現在も状況は一向に改善の兆しが見えず、1,100万人にものぼる人たちが、国内外での避難生活を余儀なくされています。
また、そのうち約560万人が、シリア難民としてトルコやレバノン、イラク、ヨルダン、エジプトといったシリア周辺国で避難生活を送っています。
シリア危機が起こる前のシリアの人口は約2,200万人だったため、総人口の半数以上が難民または国内避難民になったということになります。

そして今回のウクライナです。
シリアでのロシア軍の軍事侵攻のきっかけはシリア内での内紛からです。
当時の独裁政権やイスラム国の存在もあったとは思いますが、今回のウクライナへの軍事侵攻は、プーチンのエゴでしかないと思います。
シリアみたいにうまくいくと思ったのでしょうか?
人間の命は一つだけです。
この一つだけの命を簡単に奪い取れるのは、それは人間ではなく人間の姿はしていても悪魔だと思います。
スポンサーサイト



海城について

海城について調べてみました。

海城(うみじろ)は、水運を押さえるため海に直面して築かれ、海水を堀に用い、その一部に舟入や船着場を設置または兼用している城、あるいはその形式のことです。
河川や湖沼に隣接する城と併せ、総じて水城(みずじろ)とも呼ばれています。
海城は臨海にあって海を水運(海運)と防御に用いた城郭の形式であり、一般に私たちかが呼んでいる山城や平城などの立地に基づく分類とは異なり、平城の海城、山城の海城も存在します。
海城は海運を押さえるため、舟の運用が不可欠であり、係留する施設として舟入や船着場が設けられたり、水堀の一部を舟入に兼用することが行われています。
海城を特徴付けるのは、海に面している城壁と海に直接開いている城門だそうです。
例えば、五角形の形をした愛媛県の宇和島城の場合は、西側の二辺は海を天然の防御線とし、東側の三辺に海水を引き込んだ水堀を設けており、船が出入りできる城門(黒門と黒門矢倉)を備えていたほか、城の周囲に舟小屋や隠し水軍基地も設けていたそうです。
広島県の福山城のように、引き潮のときに堀の水位が下がりすぎるのを防ぐために「築切(つっきり)」という土手が築かれた城もあります。

海城は瀬戸内海周辺に多く見られます。
もともと水軍の城が多い海路の要衝に位置し、村上水軍を傘下に取り込んだ小早川隆景(海城の名人と評される)が築いた広島県の三原城や福岡県の名島城は、水軍が拠点を設けていた場所に築城されています。
戦国時代末期以降に築城された近世城郭としての海城は海岸近くの低地に建てられるため、平城の一種として扱われることもありますが、島や半島の小山を城郭化した水軍拠点の城(愛媛県の来島城や広島県の因島水軍城など)は平山城に近い特徴を持っています。
城の立地によっては水に浮かんでいるように見えることから、三原城などは「浮城」の別名があります。
また、近世城郭の海城として最初で最大の城と言われる香川県の讃岐高松城は、「讃州さぬきは高松さまの城が見えます波の上」と謡われたそうです。

海城について、城に詳しい柴田龍司さんは地形上の立地により下記の5つに分類しています。
①岬型・・・・海に突き出した丘陵先端部か、あるいは海岸に接する丘陵か台地上に立地する海城。
また本来は独立した小島であったが陸繋島となったところにも立地する城(豊後臼杵城など)も岬型に含めています。
②海浜型・・・・海岸に沿って形成された砂堤上に立地する海城。
③河口型・・・・中近世の湊は河口よりやや上流部に位置することが多いのですが、このような河口湊の町中あるいは町際の自然堤防上の微高地および丘陵・台地上に立地する海城。
④小島型・・・・小島全域を城域とする海城。
特に村上水軍関係の城郭は海城の代名詞といえるほど全国的にもっとも著名な海城ですが、例外を除くと芸予諸島一帯に数例存在するのみで、全国的にみれば極めて特種なタイプの海城だそうです。
⑤湾奥型・・・・湾や入江の奥部の丘陵・台地上に立地し、直接外洋に面しない海城。
立地の関係上から外洋に対しての眺望は岬型や海浜型に比べ不良です。

日本の主な海城は以下の通りです。
このうち、高松城(讃岐国)・今治城(伊予国)・中津城(豊前国)は、日本三大海城(あるいは三大水城)と呼ばれています。
また、この3城に桑名城(伊勢国)・三原城(備後国)を加えて、五大水城とも数えられています。

日本の主な海城は下記の通りです。
・亀ヶ崎城(出羽国)・・・・亀ヶ岡城は当初は東禅寺城と呼ばれ、通年「酒田城」とも呼ばれていました。
酒田が湊としての機能を果たしていたのは鎌倉時代の頃からともいわれ、当時からの城館の存在は明らかではく、築城時期も諸説あるため詳細は不明となっています。
・浦賀城(相模国)・・・・浦賀城は、神奈川県横須賀市東浦賀にあった、戦国時代末期の城です。
城跡は浦賀港の入り口である叶神社境内の明神山にあり、浦賀水道から房総半島が一望できます。
・三崎城(相模国)・・・・築城年代は定かではないのですが三浦氏によって築かれたと考えられています。
三浦氏が北条早雲によって新井城で滅亡すると、北条氏は水軍の拠点として三崎城を整備し、対岸の里見氏に備えたそうて、北条氏政の時代には伊豆韮山城主であった北条氏規が三崎城主も兼ねていたそうです。
・福島城(越後国)・・・・福島城は越後国頸城郡にあった近世の城で、福嶋城とも記されています。
新潟県上越市港町二丁目の上越市立古城小学校付近が本丸跡と考えられています。
北は日本海、東は当時の保倉川、南には堀、西は関川をはさんで中世以来の都市府中と向き合う場所に立地しています。
・鳥羽城(志摩国)・・・・鳥羽城は、志摩国答志郡鳥羽にあった城で、鳥羽藩の藩庁が置かれていました。
水軍の城で、大手門が海側へ突出して築かれたため、鳥羽の浮城、また、城の海側が黒色、山側が白色に塗られていたため、二色城、錦城とも呼ばれていました。
赤穂城(播磨国)・・・・赤穂城は、兵庫県赤穂市にある城で、江戸時代は赤穂藩主の居城です。
城郭は国の史跡 に、本丸庭園と二之丸庭園は名勝 に指定されています。
別名・加里屋城、大鷹城と呼ばれ、日本100名城、日本の歴史公園100選にも選定されています。
・福山城(備後国)・・・・福山城は、広島県福山市丸之内1丁目にあった城で、城跡は国の史跡に指定されています。
久松城、葦陽城(いようじょう)とも呼ばれ、日本における近世城郭円熟期の代表的な遺構であり、2006年2月13日、日本100名城に選定されました。
・三原城(備後国)・・・・三原城は、広島県三原市にあった城で、2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城に選定されました。
永禄10年(1567年)、毛利元就の三男・小早川隆景によって、大島・小島をつないだ埋め立て地に建てはじめられたと伝わっています。
桜尾城(安芸国)・・・・桜尾城(さくらおじょう)は、安芸国佐西郡廿日市(現在の広島県廿日市市桜尾本町)にあった城です。
桜尾城は厳島神社で有名な宮島の対岸にあり、代々厳島神主家の本土側の拠点となっていた城です。
当初は大内氏に従属していましたが離反したため、大内義隆に攻め滅ぼされました。
その後、義隆が「大寧寺の変」で陶晴賢に謀殺されると、毛利元就によって占領されました。
上関城(周防国)・・・・上関城は、瀬戸内海の海上交通における西の要衝であった上関泊と上関海峡を見下ろす城山に築かれていていました。
萩城(長門国)・・・・萩城は、指月城とも呼ばれ、関ヶ原の戦いに西軍の総大将に就いたことにより周防国・長門国の2ヶ国に減封された毛利氏が、広島城に代わる新たな居城として慶長9年(1604年)に築いた城です。
山麓の平城と山頂の山城とを合わせた平山城なので、海城とするかどうかは見解が分かれるところです。
高松城(讃岐国)・・・・高松城は豊臣秀吉の四国制圧の後、生駒親正によって築かれた城です。
現在見られる遺構は、江戸初期に徳川光圀の兄で常陸国から12万石で高松に移封された松平頼重によって改修されたものです。
近世城郭の海城としては最初にして最大の城で、その規模は「讃州さぬきは高松さまの城が見えます波の上」と謡われているほどで、日本三大水城の筆頭です。
今治城(伊予国)・・・・今治城は、関ヶ原の戦いでの戦功により伊予半国20万石を領した藤堂高虎が、瀬戸内海に面した海岸に築いた大規模な平城です。
別名吹揚城(ふきあげじょう)とも言います。
来島城(伊予国)・・・・来島城(くるしまじょう)は、来島村上水軍の拠点で、最大潮速時速約20kmの来島海峡の喉元に位置する海賊の城です。
来島村上氏の本拠で周囲850mの島です。
能島城(伊予国)・・・・能島城は、「日本最大の海賊」と称された三島村上水軍のひとつである能島村上氏の拠点として、村上雅房によって築かれた水軍城です。
大島と鵜島との間に浮かぶ周囲約1kmほどの能島とその南にある鯛崎島で構成されています。
宇和島城(伊予国)・・・・宇和島城は、宇和島の中心部に位置する標高約80mの丘陵に築かれた平山城です。
近世城郭は築城家として名高い武将、藤堂高虎によって、慶長元(1596)年から慶長6(1601)年にかけて築かれました。
かつては大半が海に面し、堀も築かれていましたが、現在は埋め立てられています。
名島城(筑前国)・・・・名島城はもともとは立花山城の出城として築かれた城ですが、豊臣秀吉が九州平定を果たした後にこの地は小早川隆景に与えられ、隆景は名島城を大改修して居城としました。
中津城(豊前国)・・・・中津城は黒田官兵衛(孝高)によって築かれた城で、完成させたのは細川忠興といわれます。
今治城や高松城と並ぶ日本三大水城のひとつに数えられています。
臼杵城(豊後国)・・・・臼杵城は、大友宗麟が臼杵湾に浮かぶ丹生島に築いた海城です。
当時は断崖絶壁の島で、四方を海に囲まれた珍しい城だったそうですが、現在は埋め立てられて陸続きになっています。
江戸時代には稲葉貞通の居城となり、明治維新まで稲葉氏15代が藩主を務めました。
石田城(肥前国)・・・・石田城は、福江城とも言い、城壁の三方が海に面していたわが国ただ一つの海城として有名です。
平戸城(肥前国)・・・・平戸城は、別名亀岡城と呼ばれ、平戸瀬戸に突出した平山城です。
山鹿流築城法のもと、1704年松浦家30代棟のとき着工、1718年松浦家31代篤信の時完成しました。
玖島城(肥前国)・・・・玖島城(くしまじょう)は、大村湾に突き出した半島の先端に築城された平山城で、本丸、二の丸、三の丸から構成されています。

「プラウドマン共鳴」の不思議

またまたトンガのフンガトンガ・フンガハーパイ火山の噴火について調べてみました。

1月15日(土)13時10分ごろ(日本時間)トンガ火山が噴火しました。
この噴火に関連して、気象庁は当初「津波による被害の可能性は低い」として津波注意報などの発表は見送っていました。
ところがその日の20時30分ごろになると、日本各地で津波とは思えない潮位上昇が起こり、23時55分にはついに奄美大島で1メートル20センチ、岩手県久慈港でも津波警報の基準値に近い1メートル10センチの潮位上昇を観測するにいたりました。
これを受けて気象庁は急遽、津波注意報と津波警報を発表したわけですが、今回の海面上昇は本来の津波とは異なる現象で、これを「津波」として扱っていいのかどうか、前代未聞のことにおそらく気象庁の担当者は、逡巡してこの津波警報を発表したものと思われます。
フンガ・トンガ フンガ・ハアパイでの大規模な噴火の後、太平洋の島々や沿岸部では津波が観測されています。
▽チリでは1.7メートル、
▽アメリカ・カリフォルニア州で1.3メートル、
▽アメリカ・アラスカ州で1メートルなどです。
約8000キロ離れた日本でも
▽鹿児島県奄美市で1.2メートル、
▽岩手県久慈市で1.1メートル
を観測しました。
一方で、トンガに近いミクロネシアの島々では、10センチから30センチの津波という情報でした。
現在では、トンガの島では局所的に3~15メートルという情報もあります。

トンガから遠い場所で津波が高くなった原因について、注目されているのが「気圧の変化」です。
フンガ・トンガ フンガ・ハアパイで起きた噴火は規模も大きく爆発的だったため、急激な空気の膨張などで周辺で気圧が変化し、それが「大気の波動」として広がりました。
気象衛星「ひまわり8号」の撮影した画像を元に分析すると、噴火で発生した大気の波動が、同心円状に世界中に広がっていく様子がわかります。 
大気の波動が伝わる速度はおおむね「音」と同じ速さで、波動が伝わった場所では気圧が低下したことが確認されています。
これが日本での津波到達の速さに影響したとみられます。
今回は通常の津波ならば、およそ8000キロ離れた小笠原諸島の父島まで到達するのにおよそ9時間かかると予測されていました。
しかし、実際に潮位の高まりが観測され始めたのは、噴火の7時間後にあたる15日の午後8時ごろで、予測より2時間ほど早くなりました。
これは大気の波動が日本に伝わった時間とほぼ一致していて、この大気の波動による気圧変化の影響で潮位が上昇したとみられています。
こうした気象現象によって起きる津波は「気象津波」と言われます。
さらに、潮位が高くなった理由について、津波や気象による海面変動を研究する鹿児島大学の准教授である柿沼太郎さんは「プラウドマン共鳴」という
▽気圧変化が起きる場所が移動する速度
▽気圧変化によって生じた波が移動する速度
が近くなり、波が増幅されて高くなる現象が起きた可能性があると指摘しています。
こうした潮位の変化は「あびき」や「副振動」とも言われています。
今回、気圧変化をもたらした大気の波動は音の速さに近い一方、津波の速度もマリアナ海溝など水深の深い海域では音の速さに近づくため、柿沼さんは「プラウドマン共鳴」が起きたと考えられています。

考え方はいろいろあります。
例えば、気象庁の考え方として、「トンガで噴火はあったけど、太平洋の観測状況から津波が来ることは考えにくい。しかし目の前で原因不明の潮位上昇があるのだから、津波では無いけれども津波警報で警戒を呼びかける」というものだと理解できます。
では津波で無いとしたら、何が起こったのでしょう。
津波とは何なのか調べてみました。
津波の「津」は船が着くところで港を意味するそうです。
日本の地名で津が付くところは大津にしても唐津にしても、たいてい港を意味しています。
その港にやって来る波が津波の語源だそうです。
港は本来、波が来ないように工夫して造ったところですから、そこに波がやってくるのは昔から特別な現象だったのでしょう。
海面が上がる原因は大きく分けて三つあります。
一つは風によって起こる「高波」で、この高波が遠くまで届いたのが「うねり」です。
二つ目が台風などの気圧低下によって海面が吸い上げられる「高潮」です。
高潮は海面全体が盛り上がる状態で、しかも高波と一緒にやってくることが多いですから、大きな被害をもたらします。
そして三つめが地震などによる「津波」です。
津波が他の波と違うのは、海底陥没(隆起)などによって海全体が変化するので、すさまじいエネルギーをもっていることです。
高波は波長も短く海の表面だけの変化ですが、津波は波長が長く、海全体の変動です。
沖で波が穏やかに見えても陸地に近づくと破壊的な勢いで陸地の内部にまで押し寄せることもあります。
そこで今回やってきた「津波」ですが、まだ気象庁から正式な発表はないものの、東北大学の今村教授らによると、潮位上昇の主たる原因が空振(くうしん)と呼ばれる、大気の変動だったようです。
これだと本来の津波(海底起因)と性質が違っていて、移動速度が速く、また潮位変化も津波とは異なります。
トンガで噴火が起きたのは13時10分、その7時間20分後の20時30分に東京の気圧が2hPa上昇し、各地で気圧の変化が観測されました。そしてちょうどその頃、あちこちで津波にしては早すぎる潮位変化が観測され始めていました。
トンガから日本までの距離8000キロ、それを7時間20分で割ると、時速およそ1100キロの速さでトンガの異変が日本に到達したことになります。
通常の津波だと時速700~800キロ(水深4000メートルの場合)くらいですから、津波ではあり得ないようなスピードで日本にやってきたことになります。
しかもこの潮位異常は、太平洋の島々の観測所では10~30センチくらいの小さな変化しかもたらしていません。
本来の津波なら、日本に接近するほど勢いが弱くなり潮位も低くなるのですが、今回は日本近海で潮位が高くなりました。
こうして、本来の津波の知見とは異なる現象に、気象庁はとまどいながらも、防災を優先し「津波」として警戒を呼び掛けたというのが事実に近いでしょう。
もうひとつ、今回の潮位変動で不思議な事がありました。
NOAA(アメリカ海洋大気庁)によると、カリブ海でも数十センチの潮位異常が観測されました。
トンガ噴火で発生した潮位異常がもし津波なら、カリブ海と太平洋は陸地でへだてられていますから、その陸地を越えて津波が届くはずはありません。
ただこれが空振(空気の振動)だとすると、陸地を越えてその振動はカリブ海に伝わり、そこから潮位が上がっていく事は十分に考えられるそうです。
また、いったん圧力による潮位変動が作られると、その圧力の変化の伝播と波の位相が作用しあい、長い距離を伝わっていくうちに潮位が増幅されていくことは物理的に知られています
これが先に述べた「プラウドマン共鳴」です。
ということから今回の一連の潮位変動は、噴火による大気の衝撃のようなものが原因の一つだったことは間違いないと思われ、少なくともこの100年では、過去に事例の無い出来事だそうです。

今回の津波は、大気の波動による気圧の変化だけでなく、噴火に伴うカルデラの陥没や海底地滑りなど、海底の地形が変わったことで発生した波が、さらに津波を高くした可能性も指摘されています。
しかし、火山周辺を調べないと分からないことが多く、謎の多い今回の津波について、多くの専門家が今後さらに詳しい調査や分析を進めることになると思います。


津波の高さの不思議です。

災害の要因となる主な火山現象

トンガのフンガトンガ・フンガハーパイ火山の噴火では、大変な災害となっている様子ですが、災害の要因となる主な火山現象には、大きな噴石、火砕流、融雪型火山泥流、溶岩流、小さな噴石・火山灰、火山ガス等があります。
 特に、大きな噴石、火砕流、融雪型火山泥流は、噴火に伴って発生し、避難までの時間的猶予がほとんどなく、生命に対する危険性が高いため、防災対策上重要度の高い火山現象として位置付けられており、噴火警報や避難計画を活用した事前の避難が必要となっています。
ここに主な火山現象について調べてみました。

①大きな噴石
噴石とは火山の火口から噴き飛ばされてくる石を噴石と言います。
ふつう数センチ位の大きさですが、大きい物では1メートルを超え、小さい物でも勢いよく飛んでくると家の屋根や壁を突き破る事があります。
火口から2キロ以内に飛んでくる事が多いのですが、風に乗ってもっと遠くへ飛ぶ場合もあります。
「大きな噴石」とは、概ね20~30cm以上の、風の影響をほとんど受けずに弾道を描いて飛散する噴石のことだそうです。
噴火に伴い風の影響を受けずに弾道を描いて飛散するものは、避難までの時間的猶予がほとんどなく、生命に対する危険性が高いため、防災上の観点から、「大きな噴石」と呼んでいるそうです。

②火砕流 (pyroclastic flow)
火砕流とは、火山現象で生じる土砂移動現象の一つで、火山灰、火山ガス、溶岩片などが一団となり、高速で山の斜面を流れ下る現象のことです。
一般に高温で、最高時速150キロメートルを越えることがあります。
火砕流は、安山岩、デイサイト、流紋岩など粘り気の高いマグマの噴火によってできた火山で発生することが多いのですが、玄武岩の火山においても発生することがあります。
気体と固体粒子からなる空気よりもやや重い密度流で、「熱雲」「軽石流」を含めて「高温のマグマの細かい破片が気体と混合して流れ下る現象」の総称です。

③融雪型火山泥流
融雪型火山泥流は、雪が積もった火山で、噴火に伴う火砕流などの熱によって雪が融けて大量の水が発生し、土砂や岩石を巻き込みながら、高速で斜面を一気に流れ下る現象のことです。
流速は時速数十kmに達することがあり、谷筋や沢沿いを遠方まで流下することがあります。
積雪期の噴火時等には融雪型火山泥流の発生を確認する前に避難することが必要となります。

④溶岩流 (lava flow)
火山の噴火に伴って、地下のマグマが液体の溶岩として地表に噴出し、流下する現象、およびその結果、地表に残された地形のことで、高温でドロドロに溶けた溶岩(マグマ)が斜面を流れ下る現象です。
高温な溶岩に触れた木は燃え、沼地や川に溶岩が流れ込むと水蒸気爆発を起こします。
速度は遅く、流れている間に先端が冷えて固まりガラガラと崩れながら押し寄せてきます。

⑤小さな噴石・火山灰
降灰とは噴火によって火口から空中に噴出された「火山灰」や「小さな噴石」が地表に降下する現象ですが、直径2mm以下の細かい物を「火山灰」、直径数cm程度の風の影響を受けて遠方まで流されて降るものを「小さな噴石」と呼んでいます。
1932年にアメリカのウェントワースC. K. Wentworthらが定義したそうで、「火山灰」を火山砂(さ)と狭義の火山灰に細分することがあり、気象庁は直径0.2mm以下を火山灰としているそうです。
また、広義の「火山灰」の同義語として火山塵(じん)の語を使う人や、「火山灰」を火山灰(直径0.2mm以上)と火山塵(直径0.2mm未満)に細分する人もいるそうです。
つまり、火山砂、火山灰、火山塵の使い分けは学界でも一定していないそうです。
「火山灰」には、地下のマグマに直接由来したもの、同じ火山体を構成していた岩石の砕片、さらに、その火山とは無縁の基盤岩の砕片などがあります。
降灰予報とは、日本において、火山の噴火により広い範囲に「火山灰」や「小さな噴石」が降ることが予想されるときに発表される予報のことです。
国内すべての火山を対象として、気象庁が2008年3月31日から発表を開始しました。
気象庁が火山活動に関して発表している噴火警報や噴火予報とは別の情報として発表されています。
また、このほかには火山ガス予報があります。

⑥火山ガス
地下のマグマに溶け込んでいた揮発性成分が、気体となって地表に噴出するもののことです。
火山の噴火はその圧力を原動力として引き起こされ、それに伴って溶岩などが噴出します。
固形物を伴わずにガスだけを放出するのを噴気と呼んでいます。
「火山ガス」は、平常も火口、噴気孔、温泉などから徐々に噴出されることが多いのが特徴です。
「火山ガス」の主成分は水蒸気であり、水の沸点以下の温泉ガスを除くと、95~99.5%をも占めています。
そのほか、二酸化炭素、一酸化炭素、二酸化硫黄、硫化水素、塩素、フッ素、窒素、水素などのいくつかを含んでいます。
噴気の温度・量や組成の変化は、噴火予知の手掛りになりうるそうです。
噴気孔には、火山ガスから凝固・析出した種々の昇華物ができていることが多く見られます。
気象庁が火山活動に関して発表している情報として火山ガス予報があります。

フンガトンガ・フンガハーパイ火山の大噴火と津波

大規模噴火があった南太平洋のトンガ諸島が大変なことになっています。

噴火した火山島では陸地の大部分が消失し、周辺の島々では津波の傷痕が見て取れるそうです。
噴火した海底火山「フンガトンガ・フンガハーパイ」では、昨年12月8日の時点で285ヘクタール(東京ドーム約61個分)の陸地があったそうですが、噴火後の衛星写真では陸地の大部分が海没していることが確認されたそうです。
この陸地は、かねて存在したフンガトンガ島やフンガハーパイ島が、両島の間で2014~15年に起きた海底噴火による噴出物などでつながる形で形成されていました。
火山から約65キロ南に位置し、首都ヌクアロファがあるトンガタプ島では、フアアモトゥ空港が津波の浸水を受け、灰が積もっている様子が衛星写真で確認できていました。
また、火山から北東約70キロにあるノムカ島の村落では、約250の構造物のうち104が鮮明に分析できたそうで、ほぼ全てが灰に覆われており、41の構造物で損傷が確認されたそうです。
緑豊かな風景が一転、灰褐色に変わっていました。

フンガトンガ・フンガハーパイ火山で発生した15日の噴火は極めて大規模だったため、その様子を捉えるには宇宙からの観測が最良の方法となりました。
この噴火で特筆すべきなのは、火山灰からなる噴煙や大気を伝わる衝撃波、そして一連の津波が同時に形成された事です。
詳細はまだ明らかになっていないため、噴火の状況は今後さらに変化する可能性がありますが、今回の現象やその発生理由を理解する助けとなりうる情報がいくつか浮上しています。
まずは噴火についてですが、世界全体ではこの規模の噴火は10年に1度程度の頻度で発生しています。
ただし、この火山でこれほどの規模の噴火が起きることはめったにないそうです。
放射性炭素年代測定法で過去の噴火の火山灰や堆積物を調べたニュージーランド・オークランド大学教授(火山学)であるシェーン・クローニンさんの研究によると、今回の噴火は、フンガトンガ・フンガハーパイ火山にとって1000年に1度の出来事だそうです。
この火山は約900~1000年をかけてマグマで満たされ、それが冷却して結晶化が始まり、マグマの内部でガスの圧力が大量に発生します。
そしてガスの圧力が蓄積し始めると、マグマは不安定になります。
身近な例としては、シャンパンの瓶に泡を入れすぎ、最終的に瓶が割れてしまうケースを考えればいいそうです。
マグマの圧力が高まるにつれ、マグマの上の冷たく湿った岩石が壊れ、たまっていた圧力が突然解放されます。
15日の噴火では岩石や水、マグマが上空30キロの高さまで噴出し、そのエネルギーは膨大なものでした。
その後30分以内に、宇宙からも見える直径350キロ超の巨大な雲が発生し、トンガの複数の島に灰を降らせました。
次に津波に関してですが、津波は地震によって起きるケースが最も多いのは日本人なら周知の事実です。
プレートが海底で動くと、大量の水を移動させて巨大な波を引き起こします。
それでは、太平洋南西部の海中に一部沈んでいた火山は、どのようにして米西岸に届く津波を発生させるほどのエネルギーを生み出したのでしょうか。
津波を引き起こした正確な原因はまだ不明ですが、シェーン・クローニンさんは少なくとも2つの可能性があると言っています。
一つ目として考えられるのは、最初の爆発の膨張力との関係です。
15日の噴火ではマグマの噴出が圧力を突然解放し、宇宙からでも見える超音速の気圧の波を引き起こしました。
こうした気圧の波はニュージーランドまで2000キロあまり伝わり、遠く英国やフィンランドでも観測されました。
空気の波と最初の爆風は海面に影響を与えて巨大な波を引き起こし、トンガのトンガタプ島と首都ヌクアロファを直撃しました。
噴火初期の動画には、噴煙で空が暗くなる前に波が道路に流れ込む様子が捉えられています。
津波の原因として二つ目は、火山内部で大きな変化が生じた可能性です。
人工衛星のレーダーが捉えた噴火後の画像からは、これまで海面の上に出ていた火山の中央部が波の下に姿を消したことが分かっています。
これは、噴火発生に伴いマグマが急激に失われ、火山の中央部が崩壊してカルデラ(空っぽのくぼ地)ができた可能性が高いことを示しています。
この崩壊で水が押し出されて津波が発生し、太平洋を越えて米カリフォルニア州まで広がった可能性があります。
今回の噴火は、発生した雷の量という点でも驚異的でした。
これは空気中を飛ぶ非常に細かな火山「灰」の粒子の静電相互作用によって引き起こされたものだそうです。
これについて気象衛星や雷の研究者は観測史上最も重要な現象の一つとの見方を示しており、落雷の数はピーク時には15分間で6万3000回に上りました。
この火山の過去の噴火には多くのフェーズがあり(その一例が新しい島を誕生させた2014年の噴火だ)、今後数日から数週間の間にさらなる爆発が起きる可能性もあります。
ただし緩和要因としてひとつ挙げられるのは、いまはカルデラが水中にあるため、噴火が大気中に到達しにくくなっている点だそうです。
これにより、より海底型の爆発的噴火への移行を意味する可能性があります。
大気への影響は小さくなるでしょうが、依然として津波リスクは高いままの可能性があり、太平洋沿岸地域に住む人は今後数週間にわたって警戒を維持する必要があります。

噴火後の島々の様子は、徐々に明らかになってきています。
私の感覚では、噴火から津波へとは関連付ける事が出来なかったのですが、東日本大震災のように家々がそっくり波にのまれるようなことが起こっています。
まだまだ警戒が必要ですが、このまま噴火が収まったとしても、復旧にはいったい何年かかるのでしょう。
トンガという後進国で、いくつもの島々が被害を受けているとなると、簡単ではないはずです。
一刻も早く支援ができる状況になる事を望みます。

 
フンガトンガ・フンガハーパイ火山の大噴火の様子です。
最新記事
カテゴリ
地すべり (29)
インナーマスク 一つ持っていると何かと便利です 80cm 定形内外郵便 Royal x キャッチ:チタン ※ご使用のモニター等の環境や Maggie サイズ フープ:直径約12mm コットンパール:縦約8mm 素材 ピアスピアス Jean ニット生地ハギレ ツイストラウンド型プレートとコットンパールのピアスです コットンパールのアクセサリーは 撮影時の光の加減により写真と実際の商品と誤差が生じる場合がございます ゴールド 1430円 blue チタン ラウンドツイストプレートとコットンパールのピアス 日常から華やかな場所まで使える範囲が広いので 50cm 送料無料 細やかなツイストがデザインされた表面がさりげない存在感【ポニーフック】(ヘアアクセサリー)シルバーに添えるコーラルリーフイベントなど since 小さなキズなどが見られることも size 50cm message 50mm チェコ Maggie 東欧のヴィンテージネクタイピン Royal やレトロ 風 Jean ユーゴスラビアetc #C026 では 絶対に味わうことができない本物ならではの “とっておき感”として楽しんでください 80cm アンティーク 大きさや形 そのすべてを“風合い”として 1.裏面の古いピンを切断 2.電動工具で切削 3.メガネ用の超音波洗浄器でクリーニング 4.表面に透明樹脂をコーティング 5.新しい金具を接着 東欧の古物商や蚤の市で買い付けた 古い帽子の装飾ピンを仕立て直しました 1320円 ニット生地ハギレ 色のニュアンスなど 経年とともに変化が刻まれ 街 1960-80年代 ラトビア process x blue 商品 企業 チェコスロヴァキア 宣伝広告のグッズとして制作されたもので クロアチアなど area ウクライナ 調 そのロゴがデザインされています ソ連スワロフスキーとコットンパールのデザインフックピアスストッキング 製作日数を含め その他のデリケートなものを取り扱う際 ガーネットは友情と愛情の絆の石として象徴されているようです アクセサリーはとてもデリケートです 入浴 アメリカからの発送です 写真のものと若干差異があることを予めご理解ご了承ください 就寝などの際の着用はお避け下さい 性質上太陽光に影響を受けやすいといわれております 14kgf☆ブレスレット小さなガーネットたち 忠実や実りなどの意味があるとされています ☆Power ☆ 不良品等ではありませんので予めご理解ご了承ください スポーツ ニット生地ハギレ 天然石に見られる凹凸やクラックのようなもの blue 力仕事 Jean 衝撃や落下などは壊れや汚れの原因になりますので シフォン素材等 ワイヤーを使って製作している作品はニット製品 色合いや形などにそれぞれ個性があり異なりますので 長さ約16.5cm ほくろのような物で自然の物です : 50cm 初めてプレゼントする石として選ばれることも多く お取り扱いには十分ご注意ください ご注意 長時間の強い直射日光下での着用 インクリュージョンといい 強く引っ張ったり 家事 保管は十分にお気を付けください 発送は5日以内になります 80cm Maggie こちらの天然石は ☆ 普段のお洒落にぜひプラスしてみてください 材:14KGF 優しいお取り扱いお願いします その他のサイズはご注文前に必ずお問い合わせください 天然石は大きさ 前後1cmまで無料でサイズ変更できます ご注文をいただいてから1つ1つ大切に手作業でお作りしています x Garnet Size Royal 誠実 素 1250円 混入物のように見えるものは 私たち人間で言うところの指紋や stoneとして☆ 欧米では親から子へ 小粒のガーネットたちを集めて14kfgの華奢なチェーンでシンプルに お作りしたブレスレットです またはご着用の際の取り扱いには十分お気をつけくださいお好きな図柄で受注制作 日本酒が美味しい大吟醸用クリスタルグラス10本 50cm ボビンレース用ボビン Guatambu Binche 白木 ニット生地ハギレ 740円 Maggie ボビンのふくらんだ部分の直径約9 blue x Royal ボビン Jean 5㎜ ベルギー製 80cmヘッドドレス カチューシ 小枝 ビジュー クリスタル  花 ヘアアクセサリー ウェディング 結婚式 前撮り RE25結んでのご使用をオススメ致します まるでチェーンにしか見えない珍しいラメコードです 〕→ 〔 Royal その軽さに驚きです とてもしなやかなコードなので 使い方はアイデア次第 x 80cm 1 Maggie 50cm 3メートル 3メートルです ラッピングやハンドメイドのアクセントなどにも♡ 切り端はほつれてくるので ピンクゴールドラメコード Jean blue 数量 175円 ニット生地ハギレ 約4ミリ幅 日本製 チェーンのように見えますが ピンクゴールドのとてもソフトで素敵なコードですcandy cane 引き揃え糸blue ニット生地ハギレ 80cm spiral 50cm Royal gold 300円 Optional hook #爱#事业#Clip Jean Maggie ear ラブキャリアトゥースマッグジェイドピアス x clip earrings#玉珮#手工#手作#Taiwan大人可愛い*ふわっとポーチ気持ちの良いお取引の為に お願い致します 各数量を ご理解いただきますようお願い申し上げます バラ売り可能 サイズ:フープ部分直径約30mm 余程目立つ不具合は商品説明欄に表記しておりますが カラー:ゴールド 単価…1個¥60 バラ売り可能です 必ずお目通し下さいませ 作品の殆どは外国製パーツです ご希望の商品名 1週間以内にお客様の不注意以外による破損があった場合はお手数ですが または商品到着後 皿付きヘアピン リクエスト品として出品します^^ 《ご購入についてのお願い等 商品到着時 基本的にでノークレーム 気になる点は事前にお問い合わせ下さいませ 計:¥300 在庫を確認次第 メッキ加工が肌に合わない方は注文をお控えください 単価¥30×5=150 メッセージを頂けますよう ノーリターンお願い致します チャーム加工 blue 》 ニット生地ハギレ x 片方のワイヤーが外れるので 以上 単価¥150×1=150 再びワイヤーを戻したらペンチ等で留め部分を潰して使用して下さい こちらからパーツを通し Jean Royal ラウンドフープ5個セット 80cm 3枚目のように こちらの作品は他サイト どんなに些細なことでも hutteの出品作品を送料別で¥300以上のお好きな組み合わせで販売可能です 150円 例 金属アレルギー 丸型のフープパーツです +送料¥150 メッセージよりお知らせ下さい Maggie 品質面で劣ります 5個1セットです 国産品に比べて大きさのバラつき等 イベントでも販売しておりますのでそちらで売れてしまった場合は作品データを削除致します お求めやすい分 50cm ペリドット平雫カット cute壁画風植木鉢(小)100cm ※注意事項※ なるべく実際のカラーに近い状態を考慮して撮影しておりますが Royal 横 blue まるモチーフのひざかけ 縦 Maggie 800円⇒6 80cm ニット生地ハギレ ウール100% 床に置いてお部屋のアクセントにするのもおススメです 素材 丁寧に編んでおりますが始末した毛糸の端が出る場合がございます 8 500円 純毛糸100%で一つ一つ丁寧に編んでいます 寒さ防止として肩やひざにかけてご使用ください 50cm あらかじめご了承ください 洗濯機のご使用はご遠慮ください Jean 色の組み合わせを楽しみながら素敵なひざかけが出来ました 毛糸が縮むため 000円⇒6 60cm ご了承ください サイズ x blanket-009 お客様の閲覧環境によっては色が違って見える場合があります 3250円 値下げ中
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
QRコード